ノニジュースを選ぶときの注意

ノニジュースは、その健康効果を実感した人の口コミなどが広がって随分と知られるようになってきました。

商品も次々と発売されているのでどれを選んだら良いか悩むくらいです。

栄養価の面で言えば、ビタミンCなど熱に弱い成分が壊れないよう低温で殺菌していると都合が良いですね。

ビタミンCに限らず80度を上回る温度で殺菌するとノニの栄養は失われがちだとか。

搾った果汁をいったん濃縮してから、後で水を加え還元して作ったノニジュースは、濃縮時に高温で加熱している事から見ても栄養が低減しているかもしれません。

選ぶなら原液がベストでしょう。

果汁を搾るときに食物繊維をどう扱っているかも気になるところ。

ノニが本来含んでいる食物繊維を取り除かずジュースの中に残してある製品なら、一層身体に嬉しいです。

選択の一番のポイントはノニの栄養が可能な限り生かされた製法かどうか、だと言えましょう。

また、発酵食品としてのノニジュースを飲みたいなら、数か月かけて発酵させた商品を選ぶことになります。

栄養を最大限に生かすようなノニジュースの製法であることが重要ですが、原材料のノニ果実がどんな風に育成されているかも、気になります。

農薬や科学的な肥料を極力使っていないものや、有機栽培で収穫されたものの方が安心です。

オーガニックであることを正式に認められたものなら更に望ましいでしょう。

また、本当の意味で天然、自然のままに育ったノニから果汁を採った製品もあります。

有機栽培なら化学的でない肥料は与えるので果汁が多く採れますが、完全な天然のノニジュースは生産量が少ないです。

だから、天然で育った生命力が強いノニの果汁には価値があります。

ノニは、溶岩性の土地でもしっかり根を張るほど頑丈な植物らしいです。

そんなノニの実は、生育した土地の土壌や気候次第でかなり栄養価が異なるので原産地も要チェック。

強烈な紫外線をタップリ浴びて育った果実の方が、栄養価が高いと言われます。

もう一つのポイントは混ぜ物の有無で、他の果汁や添加物が入っていると飲みやすくなるので自分に合ったものを選びます。